FC2ブログ

-R5- アルコウ

20代コピーライターの視点から世の中を見たとき。

snowstorm




雪が好き。
昔から。
そして今も。きっとこれからも。
いつから好きかはわからない。


にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ




猛吹雪だった。
耳がちぎれそうだった。
雪が顔にぶつかって、目が開けられない
それでもそれでも、冬が好きだと胸を張って言える
雪も寒さも、透き通った空気も、喋ると漂う白い息も、全部。



たぶん変わらない部分があって、変わっていく部分もあって
そうやって少しずつ人は変化していくんだろうけど、
それでも不変の何かがあれば、きっといつか困ったとき、何とかなるんじゃないかなって。

時々不安になったり、するだろうし
どうしようもなくなったりもするけど、
それでも好きなものとか、信念とか、そういうのを変わらずに、持ちつづけて。
その人と一緒にいくつかの年月を超えて、今も持っているものがあれば
それは、その人の、その人らしさを形成する何かになり得る気がするよ。

好きなものが変わるのは当たり前だし
興味が無くなることもあるけど、
そんな中ずっと変わらず好きなものがあったらそれを大切にしないといけないなって。

僕の、雪に対する気持ちも
なんで好きかは説明できないし、いつから好きかも説明できないけど
それでも、好きというこの気持ちを、忘れないようにしていきたい。


吹雪の中で、立ち止まって、目を瞑ってみると
自分の中の、見えない何かが見えた気がする。
気がするだけだけど。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://3733010r5.blog134.fc2.com/tb.php/149-16e4962c
該当の記事は見つかりませんでした。