-R5- アルコウ

20代コピーライターの視点から世の中を見たとき。

僕らにとって、長く伸びた白線だけが命綱だった




このラインを踏み外すことは、死を意味していた。
別の日には、日陰が僕らを救う存在となり
日陰がなければ、遠回りをしてでも生き延びようとした。

何気ない毎日は、いつだって戦場だった。
他愛もないルールは、僕たちを真剣に悩ませた。
それでも、楽しかった。

あの日の僕らは、毎日を生きようと必死だった。


にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://3733010r5.blog134.fc2.com/tb.php/139-26085a6c
該当の記事は見つかりませんでした。