FC2ブログ

-R5- アルコウ

20代コピーライターの視点から世の中を見たとき。

aspect




写真とか文章とか
何か表現するということは
何か見せたい側面を誰かに向けて発信するのと同じなんだよね所詮



それはつまり
例えば写真というひとつの媒体を通してるものは

僕が撮りたいものでありその僕が撮ったものであり
そして誰かに向けたものであるという時点で

その写真はしょせん
僕が見せたいものの、見せたい側面に過ぎないということなんだきっと

りんごを撮る時
君が上からりんごを見たいのに
僕はきっと斜め上から撮るだろう

それが僕自身が君に見せている側面なんだきっと

その側面を見た時
自分の見たいものと違う側面ってこともあるだろう

それこそが僕と君が違う存在だって証明するためのかけ橋なんだきっと

僕はこれからも写真を撮るよ
これからも写真を載せるさ

それってきっと自己満足だけど
それでも誰かに向けたものなんだ

その時少しでも
自分の違う側面を見せられている僕の写真を見た時
少しでもいいから
こういうのもありかな?
って思ってもらえたら
それだけで僕は写真を撮り続ける意味があるって言えるよ


DSC_0093_080.jpg

DSC_0091_078.jpg

DSC_0110_097.jpg

DSC_0111_098.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://3733010r5.blog134.fc2.com/tb.php/13-67b57c0b
該当の記事は見つかりませんでした。